南アジアの漬物「アチャール」づくり◆トルカリジュッティー飯能コラボ企画

ワークショップの概要

飯能市役所隣のカレー屋さん「トルカリジュッティー飯能」ご協力のもと、南アジアの定番漬物「アチャール」づくりを学ぶコラボ企画です。当日は店主の魅力的なお話とともに、「浅漬アチャール」と「熟成アチャール」の2タイプ、付け合わせのパン「チャパティ」を作ります。あのお店の味がお家でも簡単に再現できるようになりますよ

※この講座は不定期開催です。

***

トルカリジュッティー飯能

https://namastejutti.com/

〒357-0021 埼玉県飯能市双柳94−30

***

所要時間120

料金3,000

ワークショップの流れ

1【講義】アチャールって何?

カレーの付け合わせとして南アジアで定番となっている「アチャール」。実は、日本の漬物とも関係が。味や保存の決め手となるスパイスの解説も。

【講義】アチャールって何?
2【デモ】浅漬アチャールの作り方

ネパールで最もポピュラーな「ダイコンのアチャール」を作ります。

作り方の説明は、トルカリジュッティー飯能店主の緒方さんによる料理デモンストレーションで行います。実際に見て学ぶことで、ちょっとしたコツ・こだわりも学びとってしまいましょう!!!

後半で「チャパティ」と一緒に試食をする時間があります。

【デモ】浅漬アチャールの作り方
3【実践】熟成アチャールを作ってみよう

浅漬タイプと熟成タイプで使用するスパイスの違いを知って、より一層本格的な「アチャール」を作ります。冷蔵で約2週間熟成させると食べごろに。※こちらは保存容器に詰めてお持ち帰りいただけます。(保存容器は料金に含まれています)

【実践】熟成アチャールを作ってみよう
4【デモ】チャパティの作り方

カレーと一緒に出てくるパンといえば、日本では「ナン」のイメージが強いですが、実はインド・ネパールの家庭でよく食べられているのは「チャパティ」。

「ナン」よりも簡単に作れるので、是非この機会にマスターしちゃいましょう!

【デモ】チャパティの作り方
5【実践】チャパティを作って食べてみよう

ご自身で「チャパティ」の生地を伸ばしていただき、スタッフが1枚1枚焼いていきます。上手に膨らませるコツは是非目の前で。

準備できた方から、焼き立ての「チャパティ」と「浅漬アチャール」の試食をします。

ワークショップのFAQ

エプロンは必要ですか?
エプロンの持参をお願いいたします。
家で作りたいのですが材料はどこで購入できますか?
輸入食材を扱っている食料品店がオススメですが、トルカリジュッティー飯能店頭でも購入可能です。レッスン当日も販売を行います。
パリシャキ研究所

パリシャキ研究所

アクセス
  • 住所〒357-0063 埼玉県飯能市飯能1333

    TEL042-975-7001

  • 営業時間開館時間は、ワークショップにより異なります